花の魔術師を誰につける?短期戦向けのキャラがおススメ

花の魔術師を長期戦向けの耐久サーヴァント(マーリン、ジャンヌなど)に刻印している方を多く見かけますが、短期戦向けのアタッカーにつけている方はあまり見ない印象です。

背景として、花の魔術師のNPチャージ10%効果は、再使用まで三ターンかかる制約があり、水着BBによるカード固定や水着獅子王のシャッフル効果で使い回すのが難しいからでしょう。

しかし私個人としては、短期戦向けのサーヴァントに刻印する方が面白いと考えてます。
どうしてそう思ったのか、順を追って書いていきます。


【目次】
1. 本当に花の魔術師は長期戦向きなのか?
2. 最もNP10%付与が強い瞬間とは?
3. 運用方法
4. パーティーの具体例
5. おまけ(NP獲得量の計算式)

花の魔術師のスクリーンショット


1. 本当に花の魔術師は長期戦向きなのか?

短期戦の方が面白いと考えた理由は二つあります。
一つ目の理由は、長期戦向けのパーティーは花の魔術師を使うまでもなく安定しているからです。

花の魔術師が何ターンに一回使えるのか計算すると、平均5.9Tに一回しか使えません。

リキャスト前に花の魔術師を引いてしまうと、再使用に7~8ターンかかる場合があるため、このような平均になっています。

これだけ時間がかかると、花の魔術師を刻印しても劇的に安定性が増すことは無く、まして長期戦向けのパーティーは元々の安定性が高く、更なる安定性アップの必要性が薄いと考えました。


2. 最もNP10%チャージが強い瞬間とは?

二つ目の理由は、最もNP10%チャージの恩恵が大きいのは、あと10%あれば宝具が撃てる時だからです。

長期戦でこのようなタイミングで花の魔術師を引けるかは完全に運です。
しかし短期戦なら、最初から花の魔術師を充てにして編成を組むことができます。

礼装やスキルで1ターン目から宝具を撃ち、リチャージ+花の魔術師で宝具連射するのが理想ですが、そこまでいかなくとも、他のNPチャージと組み合わせて宝具連射できるだけでも非常に価値があります。


リチャージ量ごとの+10%の恩恵目安

・NP39~ 
 → 孔明かスカディで連射可能に
・NP49~ 
 → NP40チャージ(水着ジャンヌなど)で連射可能に
・NP69~ 
 → NP20チャージ(魔術学校制服など)で連射可能に
・NP79~ 
 → NP10チャージ(トロピカル・サマーなど)で連射可能に
・NP89~ 
 → 連射可能に!


勿論刻印したカードを都合よく引けるとは限らず、周回には向きませんが、手札が悪ければ撤退も視野に入る高難易度クエストなら実用的です。


3. 運用方法

自分が普段使っていて、「後ちょっと」NPがあれば連射できた記憶があるサーヴァントに刻印し、これまで通り使うだけです。

厳密にやるならNP獲得量の計算をした上で刻印するサーヴァントを決めてもいいですが、大変なのでそこまでしなくてもいい気がします。

ちなみに以下の具体例は、自分が「後ちょっと」を感じたことがあるサーヴァントについて、ポチポチ計算した結果です。

こうした計算は本来、自分の所持サーヴァント、スキルレベル、所持礼装、魔術礼装のレベルに左右されるので、あくまで参考値としてご覧ください。


4. パーティーの具体例

前提
・オーバーキルなし
・基本敵は相性有利クラスを想定
・スキルマで計算


①景虎

景虎の具体例

宝具ーQクリーAクリで93.0735
・景虎、玉藻のバフを使用
・景虎の礼装はエアリアル・ドライブ(NP50チャージ、Bバフ10%、宝具バフ10%、手持ちATK特化のNPチャージ礼装がこれしか無い…)
・絆礼装なし

→ 花の魔術師で連射可能

景虎は星集中、アーツバフ、NP獲得量バフを自前で持っているため、連射が狙いやすいです。


②エウリュアレ

エウリュアレの具体例

宝具ーQーAクリで67.8
・エウリュアレ、玉藻のバフを使用
・エウリュアレの礼装はペインティング・サマー(NP50チャージ、Aバフ10%、NP獲得量バフ10%)
・絆礼装なし

→ 吸血+花の魔術師で連射可能に

カレスコの無い弊カルデアでも、十分に宝具連射を狙うことができます。

花の魔術師を刻印することによって、Qがクリティカルで無くとも連射可能になりました。


③アストライア

アストライアの具体例

宝具ーB-Aクリで 95.9
宝具ーQ-Aクリで 89.8(敵がアサシン想定)
・アストライア、嫁ネロ、玉藻のバフを使用
・アストライアの礼装はエアリアル・ドライブ
・絆礼装なし

→ 花の魔術師で連射可能に

ブレイブチェインにBが入っても連射ができるようになるため、ぐっと連射可能性が高まります


5. おまけ(NP獲得量の計算式)

頑張って自分で計算したいという方向けに

獲得できるNPの量 =
NP基礎値×〔カード補正×順序ボーナス×(1+カードバフ) +アーツ1stボーナス〕×カードのヒット数×(1+NP獲得量バフ)×クリティカルボーナス(2倍)×オーバーキルボーナス(1.5倍)×敵クラスの補正

このうちNP基礎値(NPレートと呼ぶ人も多い)はマスクデータのため大手攻略サイトのページに載っていませんが、Fate/Grand Order @wiki 【FGO】には載っています。個別サーヴァントのページにいき、「基本情報」→「隠しステータス」で確認することができます。

計算式は要望があれば、別途詳しい記事を書くかもしれません


終わりに

コマンドカードも多種多様な効果のものが出てきましたねー
「自分だけのサーヴァントにカスタマイズできる」という謳い文句通り、人によって刻印してるコマンドカードが違って面白い(^^)

PS:私はアストライアに花の魔術師を刻印します。金髪の美人だし、マーリンも満更じゃないはず!



好きな鯖、気に入った鯖でこのゲームを遊ぶ一助にあれば幸いです(^^)


過去記事はドバイのFGO運用考察にあります。現在こちらのブログに移転中ー

またtwitterでブログ更新の告知や、運用の思い付きなどを呟いてます(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました